スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

荒れる荒れる詐欺。  

戦前から散々、混戦と言われていた。同じように主役候補がゴロゴロいた2002年の皐月賞を引っ張り出して、「ノーリーズンを探せ!」と書き立てる記事もあった。しかし、重賞二勝馬もいるし、無敗馬もいるし、超良血馬もいた。それなのに本命不在と思われたのは、恐らく相対的な問題なのだろう。つまり牝馬には絶対女王のハープスターがいる。しかし牡馬にはそこまでガツンと来る馬がいない、ように思われた。仮に、スプリングSで二歳王者のアジアエクスプレスが快勝していたとしても、果たして不動の本命に推されたかと言えば、恐らくそうはならなかったはずである。人気とは、いかにレースのインパクトが肝心か、改めて痛感させられる皐月賞だった。
そして、結果は恐れていた通り、2番人気イスラボニータ、1番人気トゥザワールドで決着。3着にこそ8番人気のウインフルブルームが粘ったが、穴で狙っている声を結構聞いたので、想定外と言うわけはない。事実、馬券下手な我が父親の本命でもあったし。
結局、下馬評で煽られすぎた。そう気づいた時点で、本命寄りの予想に切り替えるべきだったのだ。穴馬と呼ばれた馬は、もはや穴馬ではないのと似たようなもので、混戦混戦と騒がれたレースは、存外に堅く決まるのだ。
それでも大穴予想を止められない。病気だな。
スポンサーサイト

Posted on 20:57 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1310-7554a323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。