スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

決戦!フェブラリーS。  

2014年一発目のGI、フェブラリーSの出走馬が確定した。
アドマイヤロイヤル、四位洋文
エーシントップ、内田博幸
グランドシチー、U.リスポリ
コパノリッキー、田辺裕信
ゴールスキー、F.ベリー
シルクフォーチュン、横山典弘
ソロル、G.ブノワ
ダノンカモン、三浦皇成
ドリームバレンチノ、岩田康誠
ニホンピロアワーズ、酒井学
ノーザンリバー、戸崎圭太
ブライトライン、福永祐一
ベストウォーリア、浜中俊
ベルシャザール、C.デムーロ
ホッコータルマエ、幸英明
ワンダーアキュート、武豊

実績断然のホッコータルマエを筆頭に、昨年のJCD覇者ベルシャザール、一昨年の覇者ニホンピロアワーズ、超堅実派ワンダーアキュートなどなど、現在考えうるダートの猛者が顔を揃えた。久しぶりに面白そうな一戦である。
普通に考えればホッコータルマエでいいような気がするが、昨年のJCDが脳裏をよぎる。使い詰め、休みなしと言う臨戦過程も気になる。肝心なところで取りこぼしそうなパターンに嵌るのではないか。
ベルシャザールは逆にぶっつけが微妙。ダートは6戦4勝で、JCDを制して瞬く間にトップクラスの仲間入りをしたわけだが、どうもこの馬とはダービー時代から相性が悪い。買うと来ない。買わないと来る。殺し馬券として、買い目にいれておこうか。
苦手とされていた左回りを克服して怪気炎を上げるニホンピロアワーズ。前走は確かにメンバーが格下過ぎた感は否めないが、それでも余裕残しの完勝は立派。上記二頭に比べてぴたりと照準を合わせてきた印象。問題は初マイル。主戦の酒井はタメ。もう一発、期待したい。
さて、迷うのがワンダーアキュート。GI競走で2着7回。記録じゃないだろうか。どこで、誰と走っても、一頭前にいる。堅実だが勝ち運がない。距離が短いかと思われた昨年の同レースでも3着。武豊も騎乗6回目。そろそろ必殺の一撃を研いでいるかもしれない。
すったもんだで、本命はブライトライン。3歳時、NHKマイルでもダービーでも狙った馬。その借りは同じ府中の舞台で返してもらわなければならない。鞍上福永は、京都記念でジェンティルドンナを飛ばしたが、ついでに厄も飛んだことだろう。
対抗はシルクフォーチュン。勝つ画は想像できないが、勝負が決した後に3着強襲。これ。デスペラードで逃げて金星を挙げた横典がまさか逃げに酔うなんてことはないと信じて。
この2頭を上位人気馬に絡めてみる。買い方は追々検討しよう。




スポンサーサイト

Posted on 00:04 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1277-1649de6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。