スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

取らぬ狸の皮算用~POG2014の9  

ナムラマサシゲ
どうして気になったのか、分からない。ただ掲示板を見ていて、かなり重厚で考えられた血統の持ち主であること。兄貴のナムラビクターが府中のダート2100mで見せた圧勝劇を妙に覚えていたこと。そこら辺の要素が作用したのだろう。
毎週ネット競馬のサイトで更新されるPOGコラムにも紹介されていた。以下、コラムを借用すると…
ナムラビクター(父ゼンノロブロイ/12年レパードS-GIII・2着)の半弟。母ナムラシゲコは1勝馬だが、その半兄にナムラコクオー(94年NHK杯-GIIなど重賞4勝)、マイネルヤマト(92年京成杯-GII・2着)、ヘイセイクラウド(94年東海ゴールドC、94年ウインター争覇…いずれも東海重賞)がいる良血。2代母ケイジョイナーの父はノーザンテーストの全弟サドンソー。父カンパニーの母の父はノーザンテーストなので、本馬はノーザンテースト=サドンソー3×3という全きょうだいクロスを持っている。ユニークなパターンだ。母の父エンドスウィープは仕上がり早のスピードタイプで、自身はMr.Prospector 5×4というスピード型のクロスを持っている。仮に父カンパニーが晩成型であっても早くから活躍できそうだ。芝・ダート兼用のマイラー。
とのこと。良さそうじゃないか。もしかしたら大化けするかもしれない。

ナムラマサシゲ
牡馬、4月28日生、栗毛
父カンパニー
母ナムラシゲコ
母父エンドスウィープ
生産;伊藤牧場
調教師:栗東・目野哲也厩舎
馬主:奈村信重
スポンサーサイト

Posted on 01:19 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1237-2b366905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。