スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

取らぬ狸の皮算用~POG2014の3  

ヒシハムザ
朝日杯を当てたことがない。当て事がないGIは数あるが、中でもかなり相性が悪いGIでもある。しかし因果なもので、2007年にBCを観に行った際、唯一当てたのがBC Juvenileだった。その時の勝ち馬が、War Pass。父Cherokee Run、母Vueの黒鹿毛馬だった。2着Pyroに4 3/4馬身差を付ける圧勝で、馬券が当たった嬉しさも相まって「来年のケンタッキー馬を視た」と浮かれた記憶がある。しかし年明けのアローワンス競走こそ快勝したが続くタンパペイダービーで出遅れて惨敗、続くウッドメモリアルも敗れた後に骨折が判明して、ケンタッキーダービーを断念することになった。そしてそのまま引退してしまった。早熟の気があったのか、距離への限界があったのかは分からないが、僕の中では幻のケンタッキーダービー馬だったりするわけだ。そんなWar Passも2010年に放牧先で急逝。トータル産駒数は知らないが、多くはない。
一方の母は女傑ヒシアマゾン。成績の割りに産駒が残念な結果に終わる牝馬の典型のような経歴。子出しもあまり良くなく、外国で繁殖を送っているせいもあるのだろうが、ファンの期待に応えるような産駒は未だ出ていない。そんなヒシアマゾンも繁殖を引退してしまった。つまりヒシハムザがヒシアマゾン最後の産駒である。
すでにこの世にいない父と、繁殖最後の産駒。夢を賭けるには十分な馬である。

ヒシハムザ
牡馬、3月27日生、黒鹿毛
父War Pass
母Hishi Amazon
母父Theatrical
生産;Masaichiro Abe
馬主:阿部雅英
スポンサーサイト

Posted on 10:43 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1225-a4f062fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。