スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

皐月賞が堅く決まった年のダービーは。  

混戦乱戦群雄割拠だと騒がれたが、終わってみればロゴタイプが快勝。2着にエピファネイア、3着にコディーノが入り、結果的には1~3番人気がワンツースリーフィニッシュを決めた。終わったことをクドクドと書いても仕方がない。すでに目はダービーに向いている。
近年、皐月賞が1~3番人気で決着したのは以下の通り。
2003年…ネオユニヴァース、サクラプレジデント、エイシンチャンプ
2001年…アグネスタキオン、ダンツフレーム、ジャングルポケット
1998年…セイウンスカイ、キングヘイロー、スペシャルウィーク
以外に例が少ない。数少ない中で今年と同じくM.デムーロで勝ったネオユニヴァースが入っている辺りが信憑性があるのかないのか。そして、これがダービーになるとこう変わる。
ネオユニヴァース1着、サクラプレジデント7着、エイシンチャンプ10着
アグネスタキオン不出走、ダンツフレーム2着、ジャングルポケット1着
セイウンスカイ4着、キングヘイロー14着、スペシャルウィーク1着
確実なのは絶対にダービー勝ち馬がいる出ること。そして、皐月賞を勝ったアグネスタキオンが離脱した2001年は例外(3例しかないのに例外を作るのは情けないが)だとすると、皐月賞の上位3頭の内でダービーに来るのは一頭しかいない、と言うことである。つまりその一頭はダービー馬と言うことでもある。
この法則から行くと、今年の皐月賞上位3頭の内でダービーに来るのはロゴタイプ、エピファネイア、コディーノのうちで一頭しかいないことになる。
普通に考えればロゴタイプになるだろうか。エピとコディーノは折り合いに課題を残し、さらにペースが緩くなるであろう距離延長のダービーがプラスになるとは思えない。つまりはロゴタイプがダービー馬になる。ちなみにロゴタイプはもう一つ、拙ブログで提唱したジンクスにも当てはまる。
ではエピファネイア、コディーノが来ないとなると何がダービーで来るのか。ちなみに、上記3例の中で皐月賞組で巻き返したのはザッツザプレンティ(皐月賞5着)が3着、ボールドエンペラー(皐月賞6着)が3着している。と言うかこの3例のダービーの結果も見ている。
2003年…ネオユニヴァース(皐1着)、ゼンノロブロイ(青1着)、ザッツザプレンティ(皐8着)
2001年…ジャングルポケット(皐3着)、ダンツフレーム(皐2着)、ダンシングカラー(ベンジャミン1着)
1998年…スペシャルウィーク(皐3着)、ボールドエンペラー(皐6着)、ダイワスペリアー(プリンシパル2着)
共通項があるんだかないんだか。皐月賞からの巻き返し組2頭は重賞ウィナーだった。非皐月賞組となると勝っていることが条件だと定義つけたいが、ダイワスペリアーの様な異物が混じっている。
取り合えず、皐月賞惨敗組から重賞ウィナーをピックアップする。
カミノタサハラ、タマモベストプレイ、テイエムイナズマ、メイケイペガスター、フェイムゲーム、コパノリチャード。この中でカミノタ、フェイムは怪我で離脱、コパノはNHKマイルらしいので、残るはタマモ、テイエム、メイケイだが、どうやらテイエムは武豊から幸に乗り変わる。ダービーでの乗り替わりは百害あって一利なしなので消さざるを得ない(武のままならば買いだった)。残るのはタマモとメイケイの2頭になるわけだが、ともにフジキセキ産駒で、距離が長いと言われている。が、俺はタマモを買う。皐月賞でも本命だったし。
非皐月賞組となるともはや収集はつかない。キズナ辺りが有力だとは思うが、ラジオNIKKEI、弥生賞で一線級相手には少し足りない気がする。ならばいっそ、未知数の馬に賭けたい。何かは分からないが青葉賞を強い競馬で勝った馬を狙ってみようかと思ったりしている。
スポンサーサイト

Posted on 02:45 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1220-a9210349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。