スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

皐月賞の穴なら……。  

近年、皐月賞で穴を開けた馬を見てみると、非常にシンプルかつ明確な共通点がある。
ダノンバラード8番人気3着(ラジオNIKKEI賞ウィナー)
エイシンフラッシュ11番人気3着(京成杯ウィナー)
サンツェッペリン15番人気2着(京成杯ウィナー)
ドリームパスポート10番人気2着(きさらぎ賞)
とどのつまり、重賞ウィナーでありながら、直前に凡走あるいはローテーションが嫌われて人気を落とした馬が穴を開けている。
今回このパターンに当てはまりそうなのはテイエムイナズマ(現予想オッズで17番人気)とメイケイベガスター(現時点で9番人気)。
特にメイケイベガスターは前走1番人気に推されていた馬で、もし前走を勝っていれば主役扱いだったはず。ところがただ一度の凡走でここまで評価が急落するならば怖い一頭。乗り替わり一発目だったことも合わせて考えれば、もしかしたらの巻き返しがあっても不思議ではない。
しかし、それよりも何よりも不気味なのは、テイエムイナズマの方だろう。未勝利を買った後勢いそのままにデイリー杯2歳Sを快勝。しかしその後は何故か不可解の凡走を続けて4連敗。もはや重賞勝ちはフロック扱いになっている。だが、前走は初めての1800mで4着と復調気配を見せている。マイル路線にこだわらず、あえてクラシック路線に絞ってきた陣営の気概も怖い。さらに鞍上はまさかの武豊。一昔前ならばあり得ない事態である。武はそれほど穴を開けるというイメージはないが、ダノンバラードは武豊鞍上だったことを考えれば……。
流石に◎を打つと言う蛮勇は振るえないが、紐の片隅にでも加えておきたい。
スポンサーサイト

Posted on 22:24 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1216-c724ee3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。