スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2005年オーラス予想。  

予想だけをアップするようなブログにはなりたくなかったが、過去の記事を読み返してみると、半分以上が予想になってしまった今年。
来年からは、もっと読み応えのある、訴える何かがあるブログを目指したいと思うクリスマスである。とはいえ、今年の予想もいよいよラスト、有馬記念。最後くらいはビシッと決めて締めくくりたい。

さてさて。今年の注目はすでに言われている通りに、ディープインパクトである。相手に恵まれようが、無敗の三冠馬である。過去には皇帝・シンボリルドルフしかいない。いまさら強さを語っても意味はないだろう。
かといって勝負の前から白旗を上げるのは性にあわない。そんな予想は、TVKの競馬中継に任せておけばいいわけで。
前回の記事でも書いたが、今年、波乱を起こすとしたら「前の馬」であるというのが結論。これは、差し・追い込み比べになったら多分ディープが一番だろう、と推測するからである。
ザックリ想像するに、逃げるのはコスモバルク、タップダンスシチー、オースミハルカのいずれかだろう。
ここでイメージしたいのは、ストロングエイト・ニットウチドリで決まった有馬記念。この年は、ハイセイコーという不世出のアイドルホースが出走した年である。当然、圧倒的な人気を背負っていたわけだが、まんまと前記二頭に逃げ切られた。俺の、灰色の脳細胞が疼き始めた。
「今年と似ている・・・・」
ということで、一の矢には、バルク・タップ・ハルカの逃げ馬三頭にディープを加えたボックスを放つ。

一の矢があるからには、二の矢も当然用意している。
それが、ディープ+α作戦である。つまり、ディープともう一頭による二頭軸マルチを仕掛ける。結局ディープを軸にしなければならないのが情けなくはあるが・・・。
その相手はサンライズペガサスとグラスボランチを指名したい。
ともに人気は薄いが、未知の魅力という点では面白いと思う。この二頭とディープのボックスを本線に、それぞれをディープの軸相手として、タップ、バルク、ヘヴンリー、リンカーンへと流す。
結構な点数になってしまうが、今年最後の馬券である。ドカンと賭けたい。どうせ散るならば派手に死にたい。

ディープには、負けられないプレッシャーがのしかかる。武が少しでも大事に乗ろうものならば、一分の隙が生まれるかもしれない。そこにかけて、前に行く三頭には玉砕覚悟で乗って欲しい。
血沸き、肉踊るようなレースを期待して……。
スポンサーサイト

Posted on 02:28 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/118-724a0c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。