スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

当たる気がしないがオークス。  

振り返ってみても、オークスで「惜しい」と思えた経験はあまりない。昨年はピュアブリーゼを推していたが、勝ち馬はまったくの度外視。2003年にシンコールビーとチューニーを推奨したがスティルインラブが抜け。穴を開ける馬を発見できても、勝ち馬が拾えないという、本末転倒な結果が多いわけだ。そもそも、牝馬の春、2400メートルと言う条件に惑わされすぎてしまう。どうしても血統的なことに引っかかる。だが、考えてみれば2400メートルをこなせるバリバリの中長距離血統である必要などないような気もする。道中は団子で、実質はマイル~2000メートルの切れ味勝負みたいなことが多いわけで、素直に桜花賞を物差しにすれば当たらずも遠からず、と言うことが多い。
とは言え、それだと桜花賞上位組だけになってしまう。実質穴を開けるのは、得てしてスタミナタイプの馬だったりするわけで、それらの馬をいかに桜花賞組と絡み合わせるか、が重要。そんなことは百も承知のはずなのに、今年も無謀な予想になる。

ヴァルシーナ…友人のHeaven氏が太鼓判
サンシャイン…長距離に変わってハーツクライ
トーセンベニザクラ…重賞勝ちのある桜花賞惨敗組
オメガハートランド…同上+ホームグラウンドで上昇
キャトルフィーユ…オークス男・福永で一発

の5頭ボックスで。オメガ・サンシャイン・紅桜で決まったら6868倍。ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

Posted on 11:00 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1150-e46e5acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。