スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

無駄無駄無駄ぁぁぁぁ!!!  

桜花賞に続き、皐月賞も清清しいほどの空振り。ゴールドシップ、ワールドエース、ディープブリランテと言う1~3着を買っていないのだから、もう弁解の余地などない。ダービーをゴールとした牡馬クラシック関連の記事をあれやこれやと書き散らしてきたが、こんな結果が出ると何とも無駄な日々だったなと忸怩たる思いがある。済んだことは仕方ない、と心機一転ダービーを目指したいところではあるが、なかなかどうして腰が重い。
そもそも、皐月賞の結果をどう判断するべきか? 自分でも結論が出せないでいる。ゴールドシップは強かった。結果が出ていない「共同通信杯からぶっつけ」組と言うことで軽視したが、あまりにも強烈に勝ってしまった。だが、とも思う。糞みたいな馬場で、大勢が距離ロスを覚悟で大外をぶん回した中、ただ一頭ポッカリと空いた内を突き抜けた。無論、能力がなければ何をしようが水泡を化すのでゴールドシップの能力に疑いの余地などないのだが、一か八かの賭けではあったはず。そしてゴールドシップと内田はその賭けに勝った。その点、大外から追い込んできたワールドエースの方が府中では、と食指が動きそうなる自分もいるが、敗戦の弁で福永が「出し抜けを食らった。府中なら……」と言う内容のことをほざいていたの気になる。一ファンが言うならばまだしも、実際に勝負している騎手の弁でなかろう。そもそも前提が間違っている。レースってのは、馬の能力に加えて、騎手同士の化かし合い、騙し合い、駆け引きの上に成り立っているはず。騎手たるもの、他人事のように「出し抜かれた」などと言うべきではない。ここら辺の温さに、福永が大きいところを勝てない要因があるような気がする。馬の能力にかまけて乗っているだけならば、福永である必然性など皆無だ。

扱いが難しいのはディープブリランテとコスモオオゾラ。追い込み~差しで決まった中、先行して残ったのは地力がある証拠だろう。しかし、ディープブリランテは相変わらずの気性難。あれで3着だったことを評価するか、さらに距離が伸びるダービーではマイナスと取るか、判断が難しい。またコスモオオゾラは得意の道悪が功を奏したわけで、鞍上がレース後「もっと馬場が悪くなれば」と悔やんでいたが、ダービーで皐月賞以上に馬場が悪くなったら、観てるこっちがたまらない。

さて、皐月賞の回顧はこれぐらいにしてダービーの話。気配的に昨年のウインバリアシオンっぽいのはヒストリカルだが(鞍上もアンカツだし)、いかんせん派手過ぎて人気がありすぎる。ディープ産駆だから仕方がないか。いっそのこと、ジャスタウェイあたりがダービーに出てくれば面白そう。無論、鞍上は福永以外で。ゼロスは賞金的にギリギリらしいが、すんなり出走できて内枠を引けたらまだまだ怖い。もちろん、ゴールドシップは最有力。総帥の夢を乗せたコスモオオゾラも捨てきれない。出られるのかどうかは知らないが、弟が皐月賞で本命にしたサトノギャラントも地味に怖いかも。嗚呼、分からない。
ただ、そろそろ青葉賞優勝馬のダービー制覇が成ってもいい頃合ではないだろうか、と言う気がしないでもない。とりあえず、現時点での本命は青葉賞優勝馬、と言うことにしておこう。
スポンサーサイト

Posted on 23:02 [edit]

category: 競馬

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1136-c5096020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

常識を覆す的中率64%回収率147%を誇る競馬ノウハウ

常識を覆す的中率64%回収率147%を誇る競馬ノウハウを知りたくありませんか?本当に負け続ける競馬から脱出したいのであれば、ぜひ読んで下さい。

サンキュー競馬 | 2012/04/22 13:04

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。