スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

皐月賞の穴っぽいの。  

結局のところ、混戦混戦と騒ぎ立てても、蓋を開けてみると人気サイド決着……と言うパターンは過去に何度もあった。そのたびに自分の無謀極まりない予想を見返してうな垂れるわけだが、それでも懲りずに超穴予想を続けてしまうのは、もう病気の一種かもしれない。
皐月賞も良い具合に混戦模様。重賞二勝のグランデッツァが一つ頭抜け出しているような印象はあるが、絶対確実と言うほどでもない。スプリングSの快勝もフルゲートに満たない中、逆に大外枠が功を奏したと言えなくもないわけで、さらに言えばハイパフォーマンスを示すのが1,800mばかりで、唯一の2,000mでは最後に伸び切れなかった辺りに一抹の不安が沸く。
ワールドエースに関しては散々書き散らしてきたが、個人的に福永との相性が悪いことに尽きる。人気馬、追い込み、福永。危険の三拍子が揃いすぎている。ジョワドヴィーヴルも飛ばし、一時期の勢いもない。化物だったら諦めるしかないが、それでもフルゲートの中山2,000mでは取りこぼしても不思議じゃない。……と書いていくと、出走馬全てに何かしらの難癖が付けられるわけで、きりがないのでやめよう。

逆に穴っぽい馬。
枠次第だが、一頭目はメイショウカドマツ。逃げるしかない。そして鞍上が武幸四郎。久しぶりに名前を聞いたが、はっきり言って穴ジョッキー。どちらかと言えば追い込み馬での穴が目立つが、むしろ腹をくくった騎乗しかない場合に穴を開けるのではなかろうか、と推測する。展開だとか位置取りだとか小難しいことが要求される場合は用無しだが、これしかないと決めたときの幸四郎は怖い気がするのだ。メイショウカドマツも逃げる以外に選択肢はない。ゼロスも前走の惨敗で判明したように逃げるしか手がない馬。逃げ馬二頭の熾烈な先手争いを、後方の追い込み馬たちが傍観してくれたら、あるいは行った行ったという結末もなきにしもあらず。押さえたい目である。
もう一頭はモンストール。曲がりなりにも重賞ウィナー。喉なりで一頓挫あったが、何とか間に合った……とは思う。前走のスプリングSは休み明けを考えれば上出来。先行勢が上位を占める結果の中、4角10番手から追い込んで来た展開は、本番に向けて一縷の望みを繋いだと。
二頭とも人気はないだろうから押さえで買うだけでも十分な旨味がある。ま、自分で買うかは分からないけど。
ちなみに弟はサトノギャラントが抽選突破(現在対象のはずだが?)したら、太く買うと公言していた。さてはて、どうなることやら。
pic_main-vidsual[1]
スポンサーサイト

Posted on 22:40 [edit]

category: 競馬

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1129-34d07029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012皐月賞予想 4月15日一番会員登録が熱いサイトはこれだ!

もっと情報を知りたい方は「招待コード」で下記から勝ち情報を手に入れよう! その招待コードがこれ 「A1251」

サイドビジネスでお金を儲ける技! | 2012/04/11 23:09

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。