スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2013年POG特注馬5~掴めないなら掴めないなりに  

友人が言った。
「ハーツクライ産駆の特徴が掴めない」
まあ分からなくもない。考えてみれば、ハーツクライ自身もよく分からない馬だった。豪快な追い込みでクラシック戦線を賑わすも無冠で終了。その後紆余曲折を経て、ジャパンカップでは4コーナーを回った時点で13番手から最内を縫うように追い込んできて2着。ところが続く有馬記念では一転、先行して鬼のディープインパクト獲り。返す刀でドバイSCは逃げて快勝。恐らく乗り手も調教師も、ハーツクライに取ってどんなレースをするのが一番いいのか分からなかったに違いない。
そんなことを考えていたらハーツクライ産駆を選びたくなった。ただ、結局どんなタイプの馬が走るのかは霧の中。そんな時は直感に頼るしかない。ターキーの2010に何となく引っかかった。母ターキーは現役時代に14戦3勝。しかしその3勝というのが未勝利~500万~1000万という連勝。距離も中~長距離で結果を残しているようにスタミナタイプとお見受けした。クラシックを狙う意味で良さそう。フォーシンズの2010に続いて母父はSinnder。特に思い入れがあるわけではない。

ターキーの2010
ハーツクライ×ターキー@Sinnder
牡馬 鹿毛 4月20日生
馬主・青山洋一
厩舎・未定
スポンサーサイト

Posted on 21:42 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1090-29c8e968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。