スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

福永ぁぁぁ!! 2012年版。  

今年に入って初めて馬券を買った。と言っても、弟が口座に入れてあった金を少々拝借して、根岸Sと京都牝馬Sをそれぞれ一点100円ずつ、つまり1レース一点勝負をしただけなのだが。
京都牝馬にはちょっとした思い出がある。まだ競馬を始めたばかりの頃、競馬場に行くという弟に金を握らせて、馬券を買ってもらうことにした。今にして思えば恥ずかしい限りだが、その買い目と言うのが自分の誕生日の4-11だったわけだが、妙なことがあるもんでこれが的中してしまったのだ。一生懸命予想して、まったく的外れだった弟が「ふざけるな」と憤慨したことをよく覚えている。ちなみに勝ったのはビハインドザマスク、2着ダイヤモンドビコーで、2,830の配当だった。

さて話は現在に戻って、京都牝馬Sではなく、根岸S。すでに書いたがそれぞれ一点勝負をした。京都牝馬はまったく話にならなかったので詳細は省く。問題は根岸Sだ。
俺は荒れると読んだ(とは言え、いつも荒れるという土台に基づいて予想をするわけだが)。しかし、ここに曲者がいる。圧倒的一番人気に推されているダノンカモンだ。府中が得意で、GIでも際どい勝負をしてきた馬。このメンバーに入れば一枚二枚は上手である。勝ち味に遅い難点はあっても、この条件で3着から外すという決断は、一点勝負をするにあたってはリスクが高すぎた。そして俺が選んだ残りの二頭が9番人気のトウショウカズンと5番人気のテスタマッタだった。
レースを見て、うな垂れるしかなかった。まさかまさかでトウショウカズンとテスタマッタが馬券に絡んでくれたと言うのに、肝心要のダノンカモンが吹っ飛びやがった。無論、勝ったシルクフォーチュンを買っていないのだから何を言っても負け犬の遠吠えにはなるのだが、仕方なしに買った人気馬が来ず、人気薄の二頭が来てしまうという事態が腹立たしい。福永は最近調子がいいらしいが、ダノンカモンの騎乗はないわ~。
と、今年最初の馬券も相変わらずの下手っぴぶりを発揮してしまった。はあ、やれやれだ。
スポンサーサイト

Posted on 00:34 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1066-ae47e1a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。