スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

何となく天皇賞・秋の予想でもしてみよう。  

かなり豪華なメンバーが集まったのだろうが、どうも今一ピンとこないのは気のせいか。なんつうかこう、年間通して王道走って、きっちり結果を残す馬がいないってことなんだろうな。もちろんブエナビスタはご立派だし、宝塚記念を勝ったアーネストリーは秋初戦でしっかり結果を残して出てきたし、ローズキングダムもやっとこそさ復活してきた感じだし、ダークシャドウみたいな上がり馬も現れてかなり面白そうではあるのだが……。
ということで天皇賞・秋の馬柱は以下の通り。
1、シルポート、蛯名
2、ダノンヨーヨー、後藤
3、アクシオン、柴田善
4、エイシンフラッシュ、ルメール
5、ブエナビスタ、岩田
6、ビッグウィーク、川田
7、ダークシャドウ、ベリー、
8、ペルーサ、横山典
9、ジャガーメイル、四位
10、メイショウベルーガ、池添
11、ローズキングダム、メンディ
12、トーセンジョーダン、ビンナ
13、ミッキードリーム、和田
14、シャドウゲイト、田中勝
15、シンゲン、田辺
16、ナリタクリスタル、武豊
17、トゥザグローリー、福永
18、アーネストリー、佐藤哲

ブエナビスタはどうなんだろうねぇ。休み明けはそんなに苦にするタイプじゃないが、昨年の天皇賞・秋以来勝ってねぇ。面白いほど2着を量産している。もちろんそろそろスッキリと勝ってしまうかもしれないが、調教も今一らしいし、ここも2着か。年齢的に考えても、もしかしたら連を外す可能性も捨てきれない。
アーネストリーはグラスワンダー産駒だし、好きなのだが大外がネックかな。かつては天皇賞・秋の大外枠は鬼門だったわけで、ましてやアーネストリーは前に行きたい馬。最内に何が何でも逃げたいシルポートがいるんで、自然番手でレースすることになるのかな。レース展開が大きく影響しそうだなぁ。逆に大外が嫌われてもうちょい人気が落ちるようならば狙い撃つってのも手か。
もっとも良さそうなのはローズキングダムなのだが、何故乗り替わり?後藤で復活したんだから後藤でいいべぇ。橋口先生も相変わらずだわ。って、メンディザバルって誰だ?勉強不足で。成績見る限り、日本じゃ未勝利じゃねぇか。世界の名手も構わんが、日本のレース、それも天下の天皇盾ですぜ。この乗り替わり、マイナス意外の何物でもない。割引。
エイシンフラッシュは面白いほど秋には順調さを欠く。悪かあないと思うのだが、いかんせん調子がどうなのか分からない。ルメール頼みみたいなところがあらぁ。
ダークシャドウは注目の成長株だが、ここも何故か乗り替わり。それに勢いづいて来た成長株があっさり跳ね返されるのがGI。過去、何度もそういう馬を見てきた。ここでは人気を考えても切る。
昨年のPOG馬ペルーサは、とにかく気まぐれで。嵌れば怖いが不発もある。ただ、この後のJCと有馬に比べればここが一番チャンスがあるような気もする。
面白いのはミッキードリーム。出走18頭中、唯一デビューからずっと乗り替わりもなく、和田が手綱を握ってきた馬である。今春、こうした人馬の絆みたいなことが騒がれなかったっけ?和田もオペラオー以来大きい所勝ってないし、そろそろ一発花火を打ち上げたいでしょうよ。
つうことで、
ブエナビスタ、ペルーサ、アーネストリー、ミッキードリームの馬連と三連複のBOXで行ってみよう。
スポンサーサイト

Posted on 00:30 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1044-62d0b5c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。