スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

6個目。  

何度も書き散らしているが、僕は非常に馬券が下手である。静岡に戻ってから負のスパイラルはさらに加速し、当たった馬券はここ3年ほどでただ一回。今年の弥生賞だけだった。
そんな僕が一点読みきって予想したところで当たるわけもない。無論、極稀に、時々、ダービーにおけるウインバリアシオンのような穴馬を拾うことはできても、結局は当てるまでには至らない。故に、宝塚記念では穴馬を列挙して買い目に入れるには入れたが、そこから強気に勝負するようなことはしなかった(無論、書いた手前ナムラクレセント-シンゲン-ビートブラックの3連複は買った)。それではどのようにして買ったか?通称、迷子馬券作戦である。これはつまり、気になる馬を何頭か選び、色々な組み合わせや券種を買うということ。例えば今年の場合ならば、上記穴馬3頭に加えて僕が選んだのはブエナビスタ、エイシンフラッシュ、ルーラーシップ、アーネストリーの4頭。全部で7頭になるわけだが、流石に7頭のBOXを買う資金はない。そこでこの7頭を絡めた買い目を10点に絞った。単純に7頭BOXだったら35点になるわけで、25の組み合わせを捨てることになる。しかし、1~3番人気馬が選択肢に入っている以上、無駄に点数を増やすと取りがみする可能性が高い。この作戦はそうした「当てても意味がない」買い目を捨てる作戦。そしてこれが見事にヒットした。
2)アーネストリー、8)ブエナビスタ、4)エイシンフラッシュで決まって、3連複が的中。100円しか買っていないからわずか2020円になったに過ぎないが、資金が1000円だったことを考えれば+1020円。そして、今回の的中でGIとしては6つ目の的中を手に入れた(過去に当てたGIは高松宮記念、菊花賞、エリザベス女王杯、阪神ジュベナイルフィリーズ、有馬記念)。気がつけば両グランプリ制覇。ありがとう、アーネストリーというわけである。

ちなみに推奨した穴馬は全滅。ビートブラック11着、シンゲン12着、ナムラクレセント14着。ぐうの音も出ないとはこのことだ。
スポンサーサイト

Posted on 18:49 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

コメント

宝塚記念で良績のあるアーネストリーとブエナビスタ。G1で良績のある4歳馬、エイシンフラッシュとローズキングダム。上位4頭は順当でした。
ルーラーシップとトゥザグローリーは自信の無印でした。

URL | p4p. #tS/D58TE
2011/06/28 10:45 | edit

p4p.さま

改めて箇条書きすると、非常に順当な結果なんですよねぇ。終わってみると、なーんだと思うのですが、終わるまでは中々そこにたどり着けない。
しかし、今回の結果。巷で言われている「強い4歳世代」は、果たしてどこまで本当か?6歳→5歳で決まったわけで、何とも言えません。(ヴィクトワールピサとヒルノダムールがいなかったからか?)


URL | タカアキ #iqhSIKS2
2011/06/28 21:17 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1030-a834044f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。