スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

支持率4%の戦い。  

時の流れは早いもので、僕がロイヤル・アスコットに突撃してからもう5年も経つ。あの時はドレスコードなるものをすっかり失念しており、ダフ屋から買った一般入場券のおかげで、Tシャツにネクタイという珍妙な格好で入場するハメになり、生きた心地がしなかったことを覚えている。その顛末はここに書き記してあるので、興味のある方はどうぞご一読いただきたい。

さて、今年のロイヤル・アスコットには日本からグランプリボスが挑戦する。レースは3歳馬による直線1600mのSt James's Palace Stakes。日本で言ったらまさにグランプリボスが制したNHKマイルCのような位置づけのレースだろうか。とは言え、毎年英国2000ギニーや愛国2000ギニー馬が出走してくる一戦ゆえ、格で言えばNHKマイルCの比ではない。過去にはBrigadier GerardやKingmambo、Giant's Causeway、Rock Of Gibraltarなど数多くの名馬がその優勝馬に名を連ねている。
しかも今年は世代最強馬の呼び声高いモンスター、Frankelがいる。ここまで無傷の6連勝。前走の英国2000ギニーは、ありあまるスピード故に、ラビットが出走していたにも関わらずこれが全く機能できず、Frankelが大逃げを打つ形になり、結局そのまま6馬身差で大勝してしまった。レース映像を観ると分かるが、ほとんど反則みたいな競馬をする馬である。


一方のグランプリボス。友人曰く「NHKマイルCは何回走ってもグランプリボスが勝っただろう」と評した、世代最強のマイラーである。しかもNHKマイルCで3着に破ったリアルインパクトが後に安田記念を勝ったことで、現3歳のレベルが決して低くないことを証明した。陣営も当然、怪気炎をあげている。サクラバクシンオー産駒のグランプリボスが本場のGIを勝ったら、と想像すると漏らしそうになる。無論、壁は高い。Frankelはもちろんのこと、それ以外にもアスコットの馬場や直線1600mというコース形体も敵になる。グランプリボスの適応力が鍵だ。


ここに興味深いものがあった。そのものずばり“Who will win the St James's Palace Stakes?”。St James's Palace Stakesに出走予定の9頭を並べて、どいつが勝つかをユーザーに投票させているのである。結果はFrankelが全体の68%もの支持を集めた。以下、英愛2000ギニーで共に2着したDubawi Goldが9%、仏2000ギニーで5着に敗れるもハナを主張しているWootton Bassettが6%、2歳時に2つのGIを勝っているDream Aheadが4%と続き、我らがグランプリボスは4位タイの4%となっている。これはあくまでユーザの投票であり馬券とは全く関係ないが、これを見る限りまあFrankelが負けると考えている人間はほとんどいないということでる。

St James's Palace Stakesの出走馬は、
1、Excelebration
2、Rerouted
3、Dream Ahead
4、Neebras
5、Frankel
6、Grand Prix Boss
7、Dubawi Gold
8、Zoffany
9、Wootton Bassett


運命の一戦まであと二日。アスコット競馬場に行くのが今年じゃなかったことが悔やまれるような、血湧き、肉踊るレースを期待したい。
スポンサーサイト

Posted on 14:19 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 4

コメント

Frankelの英国2000ギニー。足が速くてバテないですね~。サイレンススズカを思い出した方も多いのではないでしょうか。
もしグランプリボスがこの馬に土をつけることが出来たとしたら…。想像するだけで、ワクワクが止まりません!

URL | d.a.i #-
2011/06/13 21:36 | edit

d.a.iさま

ラビット付きの差し~追い込み馬が多い欧州にあって、フランケルのような傍若無人な馬は、新鮮で魅力的に映るのかもしれないっすね。

サイレンススズカ・・・・・・確かに。

URL | タカアキ #qffrB.pY
2011/06/13 22:47 | edit

グランプリボス、残念…。

URL | d.a.i #-
2011/06/15 00:46 | edit

でしたね。フランケルにあんなレースで勝たれちゃ、何も言えませんわ。

URL | タカアキ #-
2011/06/15 22:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1023-d0c043d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。