スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

悪い虫が騒ぎ出す。  

僕はかなりの藤田贔屓である。大抵のGIでは藤田に重い印を打つし、最悪でも押さえる。悲しいかな、藤田絡みでGIを当てたことはないが、ともかく藤田贔屓でやってきた。
安田記念、勢いだけでアパパネ、スマイルジャック、ストロングリターン、香港2騎を選んだが、改めて出馬表を見て藤田で出る馬がいることに気がついた。ライブコンサートである。7歳の黒鹿毛のセン馬である。父はシングスピール、母はDance Lively、母父はKingmambo。栗東白井厩舎の所属馬で、通算成績は38戦8勝、主な勝鞍は京都金杯。前走マイラーズCは10着、今回も苦戦は必死だろう。だが、である。
父シングスピールと言えば、2005年に藤田で勝ったアサクサデンエンと同じ。ちなみに勝負服のピンクも共通である。
前走に引き続き藤田も二度目の騎乗。馬の調子も前走とは打って変わって、絶好調ということである。現在16番人気。勝つまでは厳しいかもしれないが、過去には15番人気のブレイクタイムが連に絡んだこともある安田記念。何が起こるかはわかるまい。

さて大荒れモードに入ったところで、さらに一歩進む。競馬をやる上で、ちょいちょい痛感する格言がある。それは「腐ってもGI馬」。今回の出走馬のうちGI馬はアパパネ、香港のビューティフラッシュ、ジョーカプチーノ、そしてエーシンフォワードの4頭。アパパネ1番人気、ジョーカプチーノ6番人気、に対してまあビューティフラッシュは別としても、エーシンフォワードは現在12番人気。これは舐められすぎだろう。そもそもマイルCSも13番人気からあっと言わせて勝った根っからの穴馬。人気を裏切ることも多いが、逆に激走することも多い。終わってみればやっぱりGI馬、というパターンはある。

もう一頭、気になる馬がリディル。どうしてか分からないが、穴を開けそうな雰囲気を感じる。もともとは良血で騒がれた馬。怪我(?)で随分と休んだようだが、順調ならばマイル戦線で少しは騒がれた馬に成長していたかもしれない可能性はあった。ここまで1600m戦は4戦3勝、2着1回のパーフェクト連対。舞台は一気に大きくなるが、母父ダンシングブレーヴの底力に夢を掛けても面白い。

ライブコンサート、エーシンフォワード、リディルで決まったら、俺は死んじゃうだろうな。くれぐれも買い忘れないようにしないと。
スポンサーサイト

Posted on 17:04 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1020-98566db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。