スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

頂点に近づいた日。  

自慢じゃないが、僕はダービーを的中させたことがない。それどころか、馬券に絡んだ馬を選べたことも数えるほどしかない。むやみやたらに本命を嫌っては本命に勝たれ、やむなく本命を押さえると穴馬に勝たれ、それは思い出すだけでも悲惨な成績だった。

最後の直線。大外からウインバリアシオンが脚を伸ばし、それに呼応してオルフェーヴルも追い出す。一瞬、ウインバリアシオンの脚色の方が勢い良く見えたが、それもつかの間。あっという間にオルフェーヴルがトップスピードに入り、ウインバリアシオンを交わす。完璧に2頭の一騎打ち。「よし!」と思った僕の目は、3着争いに移る。社台の黄と黒の縦縞の勝負服が目に入った。「フェイトフルウォーか」と期待するも、同枠のベルシャザールだった。それと競っているのはナカヤマナイト、後方から猛烈な脚で突っ込んでくるのはクレスコグランドだ。全部持っていない。熾烈な3着争いの遥か7馬身前で、1着オルフェーヴル、2着ウインバリアシオンで勝負は決していた。そして3着はベルシャザール、4着ナカヤマナイト、5着クレスコグランドだった。
逃げて見せ場を作ったオールアズワンが大健闘の8着、ユニバーサルバンクが10着、前に行ってくれるかと期待したが中途半端なレースをして終わったフェイトフルウォーが13着。これが僕が買った今年のダービーの全てである。
勝ったオルフェーヴル以外の人気馬、サダムパテック、デボネア、ナカヤマナイト、トーセンニ騎辺りは見事に切っていただけに、悔いがないと言えば嘘になる。しかし、最初に観た2002年のダービーから数えて10回目にして1、2着の馬に辿り着くことができた。これは1週間のダービー検証の結果だということにしておこう。

自分のダービー反省はこれぐらいにして、ダービーの感想などを少々。
オルフェーヴルは前回の記事でも書いたが、とにかく反応が早い。馬群を抜け出す時はまさに一瞬。皐月賞の直線リプレイを観ているようだった。距離も馬場も克服したわけで、強いと言う他ない。二冠を獲って、次は三冠と言うことなるが、その可能性はここでは明言を避ける。またあれこれデータを引っ張りだして、おいおい検証することにしよう。
2着ウインバリアシオンもまた予想通り、相当府中の適正が高い。外から上がってきた脚には尋常ならざる物を見た。勢いは完全にウインバリアシオンだっただけに、これはもう勝ったオルフェーヴルが強かったのだろう。
全く話題にも上らなかった3着ベルシャザールは、オークス制覇でリズムが良かった後藤の好騎乗+道悪巧者の父キングカメハメハの血が炸裂したということか。来ても不思議ではなかったが、16kg増だったので「いらない」と素通りしてしまった。
リベンジを期したサダムパテックは7着完敗。距離なのか馬場なのか分からないが、見せ場らしい見せ場もなかった。岩田がどうもダービーと相性が悪く、過去ことごとく人気を裏切っている。騎手自身の「苦手意識」のようなものが馬にも乗り移ったのかもしれない。とにかく負けすぎた。
ナカヤマナイトはスムーズに流れに乗ったが3着争いが精一杯。瞬発力勝負での分の悪さは明白なのだから、いっそ早め抜け出しで、だまし討ちするくらいの気概を見せて欲しかった。が、それは騎士道に反するか?
12着デボネアはデットーリバブルで人気になったが、やはりはじけてしまった。いかにデットーリと言えども、無理なものは無理なのだ。ちなみに父と弟はデボネアを本命にしていた。馬群に沈んでいく姿を見て、虚しく笑っていた。
意外に負けたな、と思ったのはコティリオンである。どこにいたのかも分からず、14着と惨敗。NHKマイルCを見る限りこんな弱いわけはないと思うが、恐らく今日の馬場に1ミリも適正がなかったのだろう。追い込み一手の馬には厳しいレースだった。
リベルタスは故障かと思ったら、どうやら馬が勝手に走るのをやめてしまったようだ(ネット情報だが)。皐月賞の不可解な惨敗もそうだが、明らかに馬の脳内で何かが狂ってしまっているように思える。過去にはゼンノエルシドなども似た様な症状だった。調子は悪くないのに、何故かレースをやめてしまう。原因は分からない。近親交配を繰り返すサラブレッドだけに、突発的に精神破綻をきたすことがあるのかもしれない。
スポンサーサイト

Posted on 17:12 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

コメント

上位2頭は他馬と上がりが2秒違います。
皐月賞は良馬場だったにもかかわらず、この2頭のダービーでの上がりより速い上がりを出したのはオルフェーヴル自身とデボネアとロッカヴェラーノの3頭しかいません。
他の馬が良馬場でやっと出せる上がりを不良馬場であっさり出したということです。
この2頭だけ馬場を苦にしなかったというわけではなく、能力が違いすぎ。
ただし、2頭とも府中以外では未知数です。

URL | p4p. #tS/D58TE
2011/06/01 07:40 | edit

p4p.さま

ウインバリアシオンは明らかに府中でのパフォーマンスは2、3割増しだと思われます。
オルフェーヴルは未知数ですが、どうも京都は微妙な感じもいたします。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2011/06/01 22:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1015-22f6623b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。