スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

負けて強くなる。  

ダービーの最新状況。騎手の変更やダノンバラードの回避などによって、若干変更があった。以下の通り。
オルフェーヴル、池添
サダムパテック、岩田
デボネア、デットーリ
ウインバリアシオン、安勝
ショウナンパルフェ、三浦
トーセンレーヴ、ウィリアムズ
ナカヤマナイト、柴田善
コティリオン、小牧
クレスコグランド、浜中
ユニバーサルバンク、福永
リベルタス、四位
フェイトフルウォー、田中勝
ベルシャザール、後藤
ノーザンリバー、ビンナ
オールアズワン、藤田
トーセンラー、蛯名
エーシンジャッカル、川田
ロッカヴェラーノ、武豊

*上位18頭のみ掲載

携帯の競馬サイトを見ていたら、とある予想屋が基本的なデータを示していた。それは過去のダービーで3着までに来た馬の、ダービーまで勝率、連対率、複勝率を割り出したものだった。ざっと見ただけだったので詳しくは覚えていないが、最低ラインまでキチンと紹介していたのは興味深かった。そのデータに触発されたわけではないが、少し戦績の面からダービー出走馬を検討してみたい。まずは連対率からばらしてみる。
もっとも連対率が良いのはクレスコグランド、サダムパテックの83%で、共に6戦3勝。逆に最悪なのはデボネアの28%で7戦1勝。ブービーのトーセンラーが40%なので圧倒的な低さである。デットーリ騎乗で怪気炎が上がっているが、流石のフランキーでも厳しい。オルフェーヴルは71%で3位。連対率だけ見れば75%あるクレスコグランド、ナカヤマナイト、ユニバーサルバンクに分がある計算にはなる。ここで注目したいのがユニバーサルバンク。他2頭が3勝馬なのに対して、ユニバーサルバンクは8戦も走っているにも関わらず1勝馬。だが2着を量産しており、連対率は75%を叩き出しているのだ。巷で言うところの「誰と走ってもそこそこ走る」馬なのである。さらに前回記事とリンクさせるとこの馬の父は雨男ネオユニヴァース。前でレースできる強みもあり、当日人気の差し追い込み勢が苦戦するようならば、オークスのピュアブリーゼよろしくスルスルと粘りこむかもしれない。勝つまで期待するのは酷かもしれないが連までなら十分考えられる1頭である。
次に複勝率をさらう。流石にダービーにまで駒を進めた精鋭18騎。ほとんどの馬が高い数値を残している。最低はエーシンジャッカルの42%(7戦2勝)、次いで5割のウインバリアシオン(6戦3勝)とロッカヴェラーノ(4戦2勝)となっている。有力勢は軒並み80%を超えており、最高はトーセンレーヴの100%(5戦3勝)。数値だけ見ればトーセンレーヴが3連複の軸には最適だが、いかんせん青葉賞からプリンシパルSと連闘しており、ローテーションが苦しい。また戦ってきたメンバーを考えると100%の複勝率も手放しで喜べるとは言えまい(と言ってしまうと元も子もないのだが)。
連対率と複勝率を並べてみると、各馬の個性が見えてきて興味深い。というのも複勝率は3着までの成績を加味した数値なわけだが、測定してみると連対率と複勝率が大きく変わる馬と全く変わらない馬がいるのだ。2つの数字が変わらないのはウインバリアシオン、エーシンジャッカル、オールアズワン、クレスコグランド、ユニバーサルバンク、ロッカヴェラーノの5頭。逆に30%以上数値を伸ばすのが、デボネア(28→71%)、トーセンラー(40→80%)、トーセンレーヴ(60→100%)、フェイトフルウォー(40→80%)の4頭。メンバー的にいかにも「3着くらいには顔を出すかも」という感じが何とも言えない。

結論。成績の割りに連対率が非常に高いユニバーサルバンクが怖い。当日の天気も合わせると、ひょっとするとひょっとするかもしれない。この馬は出走18頭中、もっとも負けを知っている馬。7敗もしているのだ。しかし、負けから学ぶことがあるのは人も馬も同じではないか。「何故負けたのか」から「いかにして勝つか」の必殺虎の巻をユニバーサルバンクは秘めているかもしれない。複勝率が高く、騎手やら血統で人気を集めそうな馬を買うならばユニバーサルバンクを押さえることをオススメしたい。
スポンサーサイト

Posted on 22:48 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1011-356fa3da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。