スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

JCが面白くなる場合。  

レースの質云々はさておき、JCが面白いと感じる時とそうでない時の違い。
それは、外国馬が勝ち負けに絡むか否かにあるんではないか?
今日のレースを見て、感じた。
3番人気アルカセット、2番人気ハーツクライ、1番人気ロブロイで
決まったため穴党の出番はなかったわけだが、
レース後は「いいもん見たなぁ」と余韻を楽しんだ。
加えれば、アルカセットは外国馬の中では最も人気のあった馬。
世界にはホント凄い馬がいるもんだ、
と改めて思い知らされた。
いやはら、いいレースを見せてもらえた。

ぜひとも、来年以降も、胸躍るようなレースが展開される様に。
あとJCダートにも勝負になるような馬が来るように。

さて、前振りはこれくらにして。
一応、ロブロイにも触れておこう。
直線、勝ったかなぁと思ったら思いの他伸びない。
道中何の不利もなく、最後失速したのは衰えなのか?
連覇がいかに難しいかは今更語るまでもないが、
ハナ差の優勝争いに加われなかったのは、いささか不満。
+10kgが影響したのか、昔の善戦マンに戻ったのか、
それとも所詮これだけの馬だったのか、ペリエじゃなきゃ走らんのか。
敗因を挙げればキリがない。
しかしこれで、有馬でディープを迎え撃つ云々が盛り上がらん。
有馬で負けたら、年間未勝利。さてはて。
スポンサーサイト

Posted on 00:53 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/101-27b9afc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。