スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

有馬総括みたいなもの。  

改めて有馬記念の出馬表を見返してみると、何とも異常な事態なのが良く分かる。
ディープインパクト×7
ハーツクライ×3
ステイゴールド×3
キングカメハメハ×1
スズカマンボ×1
シンボリクリスエス×1
16頭中、ディープインパクト産駒が7頭、ハーツクライとステイゴールドが3頭ずつ、キングカメハメハ、スズカマンボ、シンボリクリスエスが1頭ずつで、わずか6頭の種牡馬の産駒たちしかこの舞台に立っていないのだ。現在、何頭の種牡馬がいるのかは知らないが、聊か血の偏りに恐怖を覚えてしまう。
サンデーサイレンスが健在の時でも、出走馬の半数近くが産駒を占めたことなんて無かったんじゃないだろうか。ディープインパクト産駒は今年GIを22レース中10勝。英雄を英雄たらしめるために競馬界がもろ手を挙げてサポートしてきた甲斐があったわけだが、これではいずれまた血の袋小路にはまり込むのは目に見えている。ジェンティルドンナにもハープスターにもラキシスにもディープインパクトを配合するわけにはいかないのだから。

しかし、面白い結末にはなった。7頭のディープ産駒のうち、掲示板に入ったのは優勝したジェンティルドンナだけ。それだけではなく、掲示板の5頭はキレイに別々の種牡馬が占めた。1頭ずつしかいなかったキンカメとシンクリは意地を見せた格好だろう。トゥザワールドは母トゥザヴィクトリー、エピファネイアは母シーザリオで、共に超良血。非SS系の種牡馬故にこうした優良SS系牝馬と配合できるのはアドバンテージだが、それだけでは先はない。社台はバンバン非SS系の種牡馬を輸入するし、駒の奪い合いは苛烈だ。
ジェンティルドンナな初めての相手になるのはどの馬か。近年の傾向だとキングカメハメハが多いようだが、それすら確約されたものではない。案外、ハービンジャーとかワークフォースとかに取られる可能性もある。個人的にはグラスワンダーなんかがオススメなのだが、どうだろうか。

本命に推したジャスタウェイは4着。道中、ほぼ最後方の位置取りをしていた時点で俺は諦めた。末脚にかけたのだろうが、あのペースでは届くわけが無い。何よりも腹立たしかったのは、福永のレース後のコメント。
「直線が短くて前を捉えることができなかった。自分の競馬はできたが、流れが向かなかった」
中山何回目の騎乗だよ、と。初騎乗の菱田が言うならばまだしも。
言葉は悪いが、これが引退レース。どんな結果だろうが、終わりに違いはなく、降ろされる心配などはなかった。メンバーを見れば、ペースが遅くなるのは必然。ならば思い切って先行してみるぐらいの勝負が見たかった。
思えば、三歳時のNHKマイルCを皮切りに、人気がなかったダービーも毎日王冠も一発目の天皇賞・秋も本命にしてきた馬。結局一度も馬券は取れなかった。が、久々に心躍る馬だった。

さてさて、当ブログも10周年。更新ペースはグダグダだが、何事も長続きしない俺にとっては、恐らく最も長く続けているのもである。来年もダラダラと書き続けて生きたいと思うのあった。

それでは皆々様、良い競馬ライフを!
スポンサーサイト

Posted on 22:26 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

今年こそは荒れるかもしれない阪神JF。  

今年の三月頃、POG馬検証の記事で阪神JFに関することを書いた。ほとんどが僕の妄言だが、一応傾向らしきものは示した。
1.社台グループの生産馬
2.社台系列の一口馬主
3.栗東所属
ま、これは別段阪神JFに限った話ではないかもしれないが、7年連続で社台グループ(社台ファーム1、ノーザンF6)の生産馬で、6頭が社台系列のクラブホースで、同じく6頭が栗東所属。○外が個人馬主、非社台生産馬の活躍も目立つ朝日杯FSに比べると、かなりの偏りは否めない。ダービーにしても二年連続でノースヒルズ系に持っていかれていることを鑑みれば、阪神JFにおける社台グループ一人勝ちは異常である。

という事で、阪神JF出走登録された24頭を上記傾向で絞ってみよう……と思ったら、意外や意外。三つの条件に当てはまるのはたった一頭だった。社台ファーム生産、栗東の松永幹夫厩舎所属、社台RHの馬であるコートシャルマンだけ。ここまで無傷の2連勝で、主戦は福永。何か、でき過ぎているような感じがしないでもないが……。もしかしたら1番人気もあり得るのか。
癪に障る話だが、過去の傾向を踏まえるならば勝つのはコートシャルマンということになってしまうのであった。

穴ならユキノカトレアとトーセンラーク、そしてムーンエクスプレス。

Posted on 21:44 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

ガーター。  

記念すべき第一回(JCDから数えると15回)チャンピオンズカップ。何とか当てたい!と意気込んだが、結果はかすりもせず。
インペラティヴの凡走は致し方ないとは言え、コパノリッキーの躓きは痛かった。ま、よしんばまともにスタートを切っていたとして、コパノは勝ったかもしれないが俺が当たったかは分からない。
ニホンピロはそろそろ下降線かも。ホッコータルマエはよく踏ん張った。見くびったわけではないが、やはり強かった。

しかし、この結果を受けてまた、外国馬の腰が重くなりそう。
王国の戦士と武士の壮絶な一騎打ち。そんなレースがまた観たい。

Posted on 21:10 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

あと100っっ!  

拙ブログで何度も綴ってきたが、僕がもっとも好きだったレースは、府中2100m時代のジャパンカップダートである。非根幹距離のレースながら、数々の名勝負があった。そして何故か、接戦激戦が多かった印象もある。
その後、個人的にはJRA史上最悪の改悪と糾弾したいJCDの阪神競馬場への移行。そして距離短縮。左回りの2000mがダート(AW)では主流の中で(米BC、ドバイWC)、何故に右回り1800m? 疑問しか残らない。挙句、たった6回で終了し、今度は名前を変えて中京の1800mでの施行となる。左回りは歓迎だが、距離には不満がある。フェブラリーSと、差がないからである。
仮に、皐月賞とダービーの距離差が200mしかなかったらどうだろうか。例えば皐月賞が中山競馬場の1800m、ダービーが府中競馬場の2000mだと想像して欲しい。興醒めすること必至だ。
改装された中京競馬場で行えるダートレースは、1200m、1800m、1900m、2500mの四つ。何故か2012年を最後に2500mの競走は行われていないが、コースがあるにはある。ダートの2500mに適正がある馬が少ないからやらないのか。理由は分からない。
2500mでやれとは言わない。が、どうせ非根幹距離でやるならば、1900mにして欲しかった。ダート2000mではなく2100m。そのわずか100mが数々のベストバウトを生んできたJCD。僕はその100mにこそ惹かれるのである。

ともあれ、記念すべき第一回のチャンピオンズカップ。的中させて好きになりたい。
1、インペラティヴ
2、ベストウォーリア
3、クリソライト
4、ナムラビクター
5、ワイドバッハ
6、グレープブランデー
7、サンビスタ
8、ホッコータルマエ
9、クリノスターオー
10、ニホンピロアワーズ
11、ワンダーアキュート
12、ローマンレジェンド
13、カゼノコ
14、コパノリッキー
15、インカンテーション
16、ダノンカモン

何故だろう。唯一、外国馬が勝った2004年のJCDを思い出す。
最内枠に入ったインペラティヴが怖い。
同条件の重賞ウィナーにして、GI馬でもあるニホンピロが人気無さ過ぎて怖い。

Posted on 23:46 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。