スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

  

本日発売の月刊競馬総合雑誌「優駿」2月号に、オイラのエッセイが載っています。以前、紹介奴です。
hyoushi2]
144ページです。もし良かったら、買って、読んでみてくださいまし。
スポンサーサイト

Posted on 21:25 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 4

XLIII SUPER BOWL。  

AFC、NFC両カンファレンスのチャンピオンシップが終わった。NFCはカーディナルスがイーグルスを、AFCはスティーラーズがレイブンズを撃破。よって、今年のスーパーボウルはカーディナルスvsスティーラーズの決戦となった。

2試合のカンファレンス・チャンピオンシップを観たが、どちらも目が離せない試合だった。特にカーディナルスvsイーグルス。前半が終わった時点ではカーディナルスが3本のタッチダウンを含む24点。イーグルスはFG2本で6点。一方的に終わるかと思った。しかし3Qに入り、イーグルス猛攻。一気に13点を稼いで、逆転してしまった。漫画のようだった。
最終的には再びタッチダウンを決められて敗れたイーグルスだが、いいものを見せてもらった。

レイブンズとスティーラーズの一戦も息つく暇もない展開。4Qで14対16というFG一本で試合がひっくり返る状況。レイブンズはFGを決めれば逆転というドライヴ。スティーラーズ贔屓のオイラはハラハラしながら見守っていたが、最後は役者が決めてくれた。レイブンズのQB、J,フラッコのパスをSSのT,ポラマルがインターセプト。そのままタッチダウンをかまして勝負あり。ディフェンスのチームらしい勝ち方だった。

今期のNFLもラスト1試合(プロボウル除く)。スーパーボウルが楽しみで仕方がない。

Posted on 17:53 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

差が激しい今期のPOG。  

ジェルミナルがフェアリーSを勝ってくれたことで、久方ぶりにPOG指名馬から重賞ウィナーが輩出された今期。牡馬でもブレイクランアウトが朝日杯で3着するなど、近年稀に見るほどに賑やかしい。
しかし、その一方で全10頭中8頭はほぼ沈黙。一覧にしてみる。

◆牡馬
ブレイクランアウト………朝日杯3着後、共同通信杯で復帰予定。
ニシノラブキング………0-0-0-4。芝でもダートでも駄目。
リバティーフロー………0-1-0-0。新馬こそ好走も、2走目で不可解なブービー。以後、音沙汰なし。
アヴァルース…………いまだ馬名登録なし。入厩したとの情報はあるが、デビューは不明。
クリスマスキング………いまだ馬名登録なし。骨折しており、現在治療中とのこと。
フォックスブラボー………一度は出走登録するも、馬番決定後に取り消し。以後、音沙汰なし。

◆牝馬
ジェルミナル……………フェアリーS快勝。桜花賞に向けて休養中。
エーシンベリーエフ………気がついたら笠松移籍。昨年11月に一度走ったきり、音沙汰なし。
モルガナイト……………そろそろデビューする予感。
タムロブライト……………1月31日(土)、都ダート1,400mでデビュー予定。

ジェルミナル、ブレイクランアウト以外はクラシックどうこうは無理そう。しかし、毎度思うことだが、全馬1勝どころか、デビューさせることすら難しい。例え一頭でも重賞ウィナーが出たことを、幸せに思うべきなのだろうなぁ。

Posted on 02:25 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 3

一発勝負の怖さ。  

衛星放送BS7では、NFLのプレイオフを全試合中継している。毎回録画して、暇ができたら観ているわけだが、ひとつ上手くいかないことがある。
個人的には、できれば結果を知らない状態で試合を観たい。ドキドキしたいからである。それが、ふと朝刊を読んでいるとプレイオフの結果が出ていたりする。がっかりだ。あと、これはもちろん悪気があってではないが、日課であるこちらのページに訪れたら、次回放送予定の試合の結果がレビューされていた。詳しい試合内容つきで。悔しいのでコメントをしてくると同時に、次々回予定の試合の結果も公式サイトで見てやった。

さて、プレイオフ。AFC、NFCともに波乱続き。AFCではシーズンで無類の強さを見せた第1シード、Tennessee Titansが弟6シードのBaltimore Ravensに13-10で敗れ去った。1Qにタッチダウンを1本ずつ決めた以降は息が詰まるようなディフェンス合戦。最後はRavensが4Qに貴重なFGを決めて逃げ切った。試合後、控え室に戻るTitansの某選手が、フェンスを倒しながら暴れ狂うシーンが印象的だった。
NFCではさらに下克上が酷い。今シーズン、ホーム負け無しだった弟2シードCarolina Panthersが、今シーズン、東海岸では5戦5敗のArizona Cardinalsに得意なはずのホームで惨敗した。敗因はQBの5インターセプトだろうが、見ていて可哀想になるくらい空回りしていた。ホームである慢心と、QBにしてみればミスを取り戻さなければならない、ということで肩に力が入りすぎていた感じ。さあ反撃、という所で何度かインターセプトを喰らって、心も折れたかもしれない。それに、CardinalsのWRフィッツジェラルドっていう選手が鬼過ぎた。
もう一試合、こちらもまさかの結末。昨年のスーパーボウル王者、NY Giantsが弟6シードのPhiladelphia Eaglesに完敗。まだ試合を観ていないのであれこれは分からない。が、1本もTDを決められなかった模様で、昨年のスーパーボウルMVPの名折れだったっぽい。
プレイオフ突入前は誰もが予想しなかったチームが残っているが、これで俄然スーパーボウルの行方は分からなくなった。NBAやメジャーとは違い、アメフトのプレイオフは一発勝負だけに怖い。甲子園みたいだ。だからこそ、ファンも熱狂するのだろうか。

Posted on 03:43 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 2

ジェルミなった。  

期待のPOG馬、ジェルミナルが重賞・フェアリーSを快勝してくれた。POG馬が重賞を勝つのは、2005年のフローラS、ディアデラノビア以来のこと。毎年自分が指名する馬が、いかに活躍していないかがよく分かる。
重賞制覇で一気にクラシックへ!と太鼓判を押したいところだが、あまり強気にはなれない。阪神JFでブエナビスタに付けられた決定的すぎる差。それを思うと、今日ぐらいの勝ちっぷりでは満足はできない。あっちは恐らくチューリップ賞あたりからの復帰で、クラシックの王道を歩んでくる。こちらはイレギュラーな重賞を使っているのだ。本番、疲れが残らないとも言えない。

だが、今は素直に勝利の美酒に酔おう。この勝利で除外の心配はなくなるだろうし、しばし休息すればよい。リベンジは桜か樫か。いずれにせよ、夢はまだ続く。

Posted on 01:52 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 3

激戦、NFLプレイオフ2008。  

ちょっと更新しないまに、NHLはすでにプレイオフ真っ只中。ペイトリオッツやカウボーイズらプレイオフ常連の姿がなく、混戦のシーズンを象徴するかのような顔ぶれとなった。応援しているスティーラーズは無事に地区優勝を果たして、第2シードを獲得している。

AFCの注目は、昨シーズンは1勝15敗と低迷するも、今期は奇策ワイルドキャットフォーメーションでプレイオフ進出を果たしたマイアミ・ドルフィンズ。同地区のNYジェッツ、NEペイトリオッツを退けてのプレイオフだけに怪気炎があがるところ……であったが、一回戦でボルチモア・レイブンズ相手に見せ場もなく敗退。解説の人が「勝敗通りに受け取ってはいけない。相手が弱かったのも事実」とコメントしていたが、まさにその通りとなってしまった。
NFCの台風の目はNFLにおいて6年ぶりのドローゲームを経験し、結果的にその1分がプレイオフ進出の鍵になったフィラデルフィア・イーグルス。下馬評を大きく覆してのプレイオフ進出だったが、勢いはイーグルスに味方した。プレイオフ・ワイルドカード一回戦、ミネソタ・バイキングス相手に26対14でこれを退けてしまった。次は昨年のスーパーボウル覇者NYジャイアンツ。シーズン中の戦績は1勝1敗で五分だが、近々の対戦では破っているだけに、再び番狂わせがあるかもしれない。
BS7ではプレイオフ全試合を放映してくれる。1試合たりとも見逃せない。

サンディエゴ・チャージャーズvsピッツバーグ・スティーラーズ
ボルティモア・レイブンズvsテネシー・タイタンズ
フィラデルフィア・イーグルスvsニューヨーク・ジャイアンツ
アリゾナ・カーディナルスvsカロライナ・パンサーズ

Posted on 17:57 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

あやうく。  

遅まきながら、有馬記念の話などを。
友人に有馬記念の馬券を買ってくれと頼まれた。了承し、「当日の二時くらいまでに買い目を連絡してくれ」と言っておいた。ところが、当日の発走5分前になっても連絡が取れない。何度もコールしたが、音沙汰はない。どうしようもないので放置しておいた。

そして翌々日。その友人から連絡があった。結局、忘年会で飲んだくれて寝込んでいたということ。ところが、有馬記念の発走直前に別の友人から連絡があって、「馬券を買ってやるから、買い目を言え」と促されたらしい。そいつは朦朧とする意識の中で、何を思ったか13-14-7の3連複を2000円頼んだらしい。
結果はご承知の通り、13-14-6。7を6にしていれば、3連複192,500円×2000円で3,850,000円を仕留めていたことになる。
僕ならば立ち直れなかっただろう。例え根拠があろうがなかろうが、理論的であろうがなかろうが、思いつきの数字を並べただけの馬券だろうが、4,00万弱の馬券をこんな惜しさで取り損ねては、心臓が止まったことは容易に想像できる。

必死に考えて、エアジパングなどを推した己が恥ずかしい限りである。

Posted on 17:34 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

年明け早々。  

インフルエンザになりました。A型の奴です。
風邪気味だという友人と飯を食いに行った際、ふざけて「インフルエンザなんじゃね?」と脅してみたのだが、案の定僕がうつされてインフルエンザになってしまった。情けない。
しかし、それほど体調が重苦しいわけではなく、多少の体のダルさがある程度で、吐き気や眩暈はない。新型ではないらしい。
今年こそ良い一年にしようと思った矢先の躓き。2009年も受難の一年なのだろうか。

Posted on 17:21 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

謹賀新年。  

明けまして御目出とうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

Posted on 17:53 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。