スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

天。  

今日は代休だったので、朝から映画館に。無論、SPEC~天を観に行くためだ。何だかんだで日曜日は動けず、二日遅れになってしまった。
さて、映画。最高。もうこれ以外に言葉はない。相変わらず謎だらけだし、結局終わっても全てが解決したわけではないのだが、何と言うかそれも含めてSPECなのだなと感じた次第。
平日、朝一と言うこともあって客はまばらだったが、意外だったのはご年配の方が多かったことだろうか。50代らしく妙齢のマダムやらくたびれたおじさんなどが、一人で来ていた。幅広い年代に支持されているSPEC、凄し。もう一度観たいね。ブルーレイ、買おうかなぁ。


スポンサーサイト

Posted on 14:10 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

ついにキターーーーー!!  

一年間、この日をどんなに待ち望んだことだろうか。

4月1日、エイプリルフール。

ついに、ついにSPECのスペシャルドラマの放送が決定ぃぃぃ!!

そんでもって、翌週の4月7日からは映画も公開スタート! あ、この日、友達の結婚式だわ。


Posted on 22:20 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

解散。  

当ブログのタイトルにもなっている競馬事変。これはバンド、東京事変から取ったもの。僕が直接CDを買ったことのある、数少ないバンドで、デビューアルバムはかなり聴き込んだ覚えがある。最近は音楽そのものをめっきり聞かなくなってしまってご無沙汰していたが、たまに聴くとやはり良い。
そんな東京事変が2月29日をもって解散する。ブログタイトルにまでインスパイアを受けたわけだから、ここで触れないわけにはいくまいと思い、筆を取った次第。残念だが、椎名林檎としては続けていくんだろうし、影ながら生暖かく見守りたいと思う。


Posted on 00:44 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

タイトル&テンプレを改変。  

年が明けたことだし、ここら辺で心機一転。タイトルとテンプレートをがらりと変えてみた。
タイトルはD.フランシスの短編と司馬遼太郎の小説を足して2で割ったようなイメージで。テンプレはずっと白ベースだったので、バックグラウンドに色を付けてみた。
ま、肝心なのは内容なのだけど。
 

Posted on 01:09 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

いまさらながら……。  

あけましておめでとうございます。もう一月も終わりですが、今年一発目の記事です。何だか書くことが浮かばなくて、だらだらと引き伸ばしていたら、一ヶ月もほったらかしでした。年明け早々、ぐだぐだです。
せっかくなので、最近読んだ本を紹介。ざっくりですが。

スナーク狩り/宮部みゆき
メタルギア ソリッド/伊藤計劃
一九八四年/ジョージ・オーウェル
動物農場/ジョージ・オーウェル
外套・鼻/ゴーゴリ
星を継ぐもの/J.P.ホーガン
ロック・ワグラム/W.サローヤン
奪回/ディック・フランシス
(再)日本ダービー殺人事件/西村京太郎
(再)叫びと祈り/梓崎優
(再)競馬の終わり/杉山俊彦
(再)80年代SF傑作選・下
(再)黒後家蜘蛛の会5/アイザック・アシモフ

みたいな感じ。では本年もよろしくお願いいたします。

Posted on 22:19 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

まっすぐ帰りたくない夜は……  

特に変化がない毎日だと書いたばかりだが、そう言えば一つだけ大きな出来事があった。それは、腐れ縁の親友が念願?の呑み屋を出店することになったのである。カウンター四席にテーブルが一つあるだけの小さな小さなお店だが、なかなかどうして雰囲気がよい。友人知人をかき集め、大急ぎで開店準備をした甲斐あって、店を借りてからひと月半くらいで形になり、オープンする運びになった。僕も微力ながらあれこれ手伝った(休みはほとんどこれに回していたから、ブログを書く暇がなかったということもなきにしもあらず)。

呑処 えんそん
JR清水駅から徒歩五分
月曜および第2、第4日曜日 定休

もしも清水に来ることがありましたら、是非ともお立ち寄りを。

Posted on 18:10 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

言い訳から再開。  

ご無沙汰しております。
何だか最近、疲れているのか忙しいのか、夏ばてなのか分からないが、全然ブログを書く気が起きなかったわけであります。毎日に特に変化もなく、競馬もとりあえず春シーズンが終わり、POGもこれと言って動きがなく、書くことが思い浮かばなかったというのもある。が、ぶっちゃけ、何かだるかったというのが事実である。
とは言え、ほったらかしもあれなんで、またボチボチ書き始めようかなと思う所存です。

Posted on 18:01 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

タナバタバタ。  

野暮用から戻ると、我が町清水は七夕祭りの真っ只中。今年は7月7日から10日まで4日間開催される。普段はゴーストタウン、シャッター通りになっている清水駅前銀座もこのときばかりは過去の活気を取り戻し、大いに賑わうわけである。
祭りにつき物?なのが、地元のヤンキー集団たちだ。昨日も帰りに駅前を通りかかると、どこから沸き、何を求めてやってきたのか分からないヤカラがざっと50人。あちこちに座り込み、酒を煽り、煙草をふかし、男は女に声をかけ、女は男に声をかけられ、若気の至りを爆発させていた。きゃつらは往々にして加熱しすぎて、すぐに揉め事をになる。やれ目があっただ、肩がぶつかっただ、自分の女に声をかけただ、という理由で。往々にして酔っているため、掴みあい殴りあい。往々にして御回りが介入して、御用になるやからが毎年いる。みんな、色々アピりたいのだろうか。どうでもいいことなのだが。

さて、この祭りの楽しみの一つは、店先に立っていると同級生達が通ることである。中学、高校以来ご無沙汰だった人間がすっかり家族を作って顔を出してくれる。昔一緒に遊んだ人間が、いまや一丁前の父親をやっていたりすると感慨深いやらこそばゆいやらで、見ているとほっこりしてしまう。今日も早速、一組の家族が来て、おもちゃを買ってくれた。僕にとっては彼らの姿は、まさに夏の風物詩だったりするのだ。

Posted on 17:33 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。