スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

皐月の大穴。  

ミライヘノツバサ。
愛馬タムロチェリーの孫。
やるぜ。
スポンサーサイト

Posted on 01:19 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

名前があまり格好良くないので。  

今週は桜花賞。時間が経つのは早い。
一番人気は被り気味でメジャーエンブレム。二歳女王で、前走のクイーンCも圧勝。文句なしに強い。ただ名前があまりよろしくない。ダイワメジャー産駒だからメジャーなのだろうけど、あまり牝馬っぽくないし。
ただ枠も良き所に入ったし、落馬でもしない限り馬券圏外ってことはないような気がする。が、本命にはしたくない。
では本命は何?と言う話。
一枠一番キャンディバローズで。フィリーズRでは二番人気だったのに、負けたせい+乗り代わりと言うのがあるのだろうが、人気を落としすぎ。PC予想では二桁人気。腐っても重賞ウィナーで、ディープインパクト産駒。怖い。
そして対抗にメジャーエンブレム。特に書く事はない。
あとはデンコウアンジュ、ウインファビラス、アドマイヤリード、ラベンダーヴァレイ、ジュエラーあたりに。
買い方は今から検討。

Posted on 23:45 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

よろし、よろし、幸先よろし。  

アスカノロマンが3着に突っ込んできて、見事に的中。いやあ危なかった。
ま、三連複で、相手が1、2番人気だから最も低配当だったのがあれだが、当たったことは良しとしよう。

それにしてもまたもや外国人ジョッキーのワンツー。人気馬に乗っていたとは言え、真面目に予想するのが馬鹿らしくもある。日本人ジョッキーにもう少し気概を見せてほしい。

Posted on 17:10 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

フェブラリーSの穴っぽい馬。  

ホッコータルマエもサウンドトゥルーも出ないが、次代を担うメンバーが一応揃った。
大穴はアスカノロマン。
太宰、男になれ。

Posted on 21:34 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

何だかな。  

有馬記念では北勝ファームと言う中小牧場の、雑草血統のゴールドアクターが優勝して社台グループ一辺倒の昨今の競馬に風穴を開けてくれたわけだが、もう一つの注目レース、ホープフルSではあっさりと社台グループに駆逐された。
二戦二勝の重賞ウィナー、ロードクエストが、あっさりと一戦一勝のディープインパクト産駒ハートレーに敗れた。生産ノーザンファーム、馬主サンデーレーシングの、全身ブランドボーイだ。
朝日杯のリオンディーズと言い、重賞だろうがGIだろうが、巨大なブランドの前には障壁足り得ないのだろうか。
ロードクエストは休み明けに加えて、初めての2000m、初めての右回りであったためにこれで勝負付けが済んだとは言わないが、ネットでは負けたことよりもデムーロを取られた(リオンディーズに)ことの方が痛いらしい。
個人的には仮にここを勝ったとしても、デムーロはリオンディーズを取ったと思っていた。だからこそ、見切りをつけて、ここは日本人ジョッキーを据えて勝負に行って欲しかった。
昨年のダービーを勝ったドゥラメンテの母はアドマイヤグルーヴ。そして現時点でダービーの最有力候補であるリオンディーズの母はシーザリオ。こんな血統の馬じゃなきゃ、ダービーの夢すら見られないのだろうか。
否。競馬はそんなに単純じゃないはずだと信じたい。
無為に輸入しまくった種牡馬たちの逆襲が、そろそろあってもいい頃ではなかろうか、と。

Posted on 00:08 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

仔の無念は孫が晴らす。  

ゴールドアクター、勝負になるとは思っていたがまさか勝ってしまうとは。いやはや、完璧に読み違えた。まあ、ゴールドシップの引退レースと言うことで、馬券はそこから入ったので問題外だったのが、そもそも二着サウンズオブアース、三着キタサンブラック、四着マリアライト、五着ラブリーデイを買っていなかったので、よしんばゴールドアクターを頭に買えたとしても馬券は当たっていない。ここまで惨いと悔しさも沸かず、素直にゴールドアクター優勝を祝いたい気持ちになる。
しかし、ゴールドアクターと言い、モーリスと言い、スクリーンヒーローはすっかり父グラスワンダーを超える種牡馬になってしまった。

グラスワンダー産駒のGI勝利は……
スクリーンヒーロー(ジャパンカップ)
アーネストリー(宝塚記念)
セイウンワンダー(朝日杯FS)
マルカラスカル(中山GJ、中山大障害)
ビッグロマンス(全日本2歳優駿)

一方、スクリーンヒーロー産駒は……
モーリス(安田記念、マイルCS、香港マイル)
ゴールドアクター(有馬記念)

と、GI勝利数だけを見ればまだまだ父グラスワンダーの方が上だが、分母と質を考えればすでに逆転していると言っても過言ではない。その血統にサンデーサイレンスを持っていないグラスワンダーは当然、サンデーサイレンス系の繁殖を交配できる。そうして生まれたのがスクリーンヒーローやセイウンワンダーである。
そしてその血統にサンデーサイレンスを内包したスクリーンヒーローは当然、サンデーサイレンス系の繁殖とは交配できない(厳密にはできるが、濃くなりすぎる)。故に、母父に名を連ねるのは多種済々。モーリスと同じく母父カーネギーで、現役で活躍している馬はモーリスの他にメイショウナルトがいるくらい。重賞ウィナーもこの二頭しかいない。
ゴールドアクターの母父キョウワアリシバに至っては、現役馬がゴールドアクターしかいない。もはや奇跡である。
無論、この二頭は特別で、たまたま産まれたと言う可能性はある。ただ、まだ三世代しか走っていないこと、毎年産駒は五十頭前後しかいないことを考えれば、やはりこの種牡馬は末恐ろしい。
現三歳にはミュゼエイリアンとグァンチャーレの二頭の重賞ウィナーを出しており、モーリスとゴールドアクターも古馬になってからの成長を考えれば、この二頭の今後も目が離せない。さらにモーリスらと同世代のプロトコルもダート短距離路線で急成長を遂げている。
グラスワンダーがサンデーサイレンスの血を得て誕生したスクリーンヒーロー。少しずつ産駒が減りつつあるグラスワンダーの無念を何とか晴らして欲しい。次なる野望はやはりクラシック。産駒の傾向的にやや晩成の毛があるだけに楽な道ではないだろうが、来期POG、グラスに変わってスクリーンヒーローを攻めてみたいと思う。

Posted on 23:38 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

ラストチャンス、有馬記念。  

今年も負けに負けた。一体いくら、JRAに貯金したことやら。そんな例年通りの2015年も今週末の二日間で千秋楽。最後は勝って、年を越したい。

1、オーシャンブルー、石川
2、ヒットザターゲット、小牧
3、ラストインパクト、菱田
4、ラブリーデイ、川田
5、アドマイヤデウス、岩田
6、アルバート、アッゼニ
7、ゴールドアクター、吉田隼
8、ワンアンドオンリー、浜中
9、サウンズオブアース、M.デムーロ
10、トーセンレーヴ、ボウマン
11、キタサンブラック、横山典
12、リアファル、ルメール
13、ルージュバック、戸崎
14、ダービーフィズ、田辺
15、ゴールドシップ、内田
16、マリアライト、蛯名

予想しても当たらない。それが有馬記念。好きな馬を買えばいい。それが有馬記念。
ヒットザターゲット、アルバート、ゴールドアクター、ルージュバック、ゴールドシップの五頭ボックス。馬連と三連複。
ヒットが絡めばオール万馬券だろう。内枠入ったし。いつも買ってるんだから、ここら辺で恩返しして欲しい。

Posted on 22:57 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

乱菊の悪寒。  

菊花賞は何だか荒れる予感。
主役もエースも軸もいない。全ての馬にワンチャンスはありそう。

現時点では本命はタガノエスプレッソ。京都重賞勝っているし。
相手はこれから選定。

Posted on 20:53 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

どうしようもない。  

秋華賞は惨敗。
だって買った馬……
ホワイトエレガンス11着
ディープジュエリー12着
ココロノアイ14着
レッツゴードンキ17着
読み違えどころの話ではない。全く持って論外であった。
来週は菊花賞。
どうなることやら。

Posted on 20:46 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

巨星、墜つ。  

藤田、引退か。
最近はGIどころか重賞でもめっきり名前見なかったからな。
本人も求められなくなったら辞めると公言していたし、引き際だったのだろう。
性質的に競馬界に残るとは思えない。
何をやるのだろうか。
まさか怪しい予想屋稼業ってことはないよな。
何はともあれ、寂しくなる。
http://uma-jin.net/pc/retirement_message.do

Posted on 16:52 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。